AOsukiは、首都圏で活動する青森県出身の経営者が中心となり構成する非営利団体です。

地元を愛し、地元に貢献したい。または青森出身でなくても興味がある、つながりがあるという方も気軽に参加できるイベント、活動を展開しております。

2012年7月27日第二回勉強会、七戸町小又町長

2012年7月27日第二回勉強会、七戸町小又町長

第二回AOsuki勉強会 7月27日開催の様子をお伝えします。

AOsukiのビジョンである「2012年度の年6回に渡り市町村長さんを及びし青森県の勉強会を開催する」
第一回の三戸町、竹原町長(2012年5月18日)
第二回の七戸町、小又町長

直接町長から青森の現状をお伺いし、それに対してAOsuki及びAOsukiメンバーが支援、提供出来る事はないだろうか!と活発な議論、質疑応答がありました。

七戸町小又町長より約40分程、町の現状と今後の展開についてお話を頂きました。



■七戸町小又町長から
私は、1年目の任期でスタートしております。
合併は、平成17年3月31日に新七戸町として誕生しました。(役場は旧天間林村を利用)
本当は、4つ(天間林村、七戸町、東北町、上北町)になる予定だったが、諸事情で(天間林村、七戸町)で合併になった。
4つが一緒になった場合、「市」になったが、今はこれで良かったと思っている。
新幹線駅の周りの整備が大変だった。50億円の予算で国の補助金が4割(20億円)あった。
七戸町は、一般会計85億円で、約半分が地方交付税で賄っている。
財政としては、少し楽になっている。行政も経営と同じ感覚だと思っている。 (町の人口について)
合併時は2万人だったが、徐々に減ってきている
子育て支援しても、なかなか増えていかない(やっぱり、企業誘致、雇用が一番の解決策

(農業について)
農業が主たる産業になっています。米の販売額は17億円くらい。
畜産が盛んにもなっている。にんにく、長芋、ごぼう(土の中で育つ食材)は、天候に影響されにくい。にんにくが特産品で閏年に「229(ニンニク)フェスティバル」というイベントを開催している。
「アピオス」は特産品で粉末にして販売などもしている。

(新幹線について)
新幹線建設費は、県の負担が3割、そのうち一定の区間の1割程が七戸の負担。JRからの固定資産税が入ってくる、しかし固定資産税が増えると交付税を一定率、減らされてしまう。
ホテルやレジャー施設などは積極的だったが、リーマンショックで実際にうまく行かなかった。その後に、3.11大震災が起きてしまった。
一瞬は、タクシーの運転手が儲かっていた。(六ヶ所村、大間などまで)レンタカーも儲かっていた。
駅利用は、1000名/日くらい。(駐車場が無料)新幹線は、19往復中12往復発着しているが、もっと停まってほしいと思っている。

(道路について)
高速道路は、申請に時間がかかるので、国道バイパスであれば早い。国道バイパスでスタートした。26キロの間を今年度中に開始。(266億円)
(企業誘致について)商工労働部と一緒に検討している。

※その後の懇親会でも活発な議論が展開されました

AOsuki七戸町

AOsuki七戸町

AOsuki七戸町

(最後に)
今後の、七戸町との関わり合いに関して、AOsuki が仲介役となって調整することが可能です。七戸町に対して、ご意見やご要望などある場合は、AOsuki 理事までご提案頂き、まとめて報告することが可能です。勿論、ご自身でアプローチすることも可能です。

また、七戸町長側からも、たとえば企業誘致など新たな進展があったり要望が出た際にはAOsuki事務局側から理事各位へご連絡することもございます。
引き続き、七戸町、AOsuki を宜しくお願い致します。

AOsukiでは活動実績を残す1年として、下記の活動を2012年のテーマとして位置づけております。

AOsukiでは活動実績を残す1年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でaosuki_netをフォローしよう!

SNS / Share

Translate »