AOsukiは、首都圏で活動する青森県出身の経営者が中心となり構成する非営利団体です。

地元を愛し、地元に貢献したい。または青森出身でなくても興味がある、つながりがあるという方も気軽に参加できるイベント、活動を展開しております。

2013年7月10日AOsuki第5回勉強会、黒石市鳴海広道市長との勉強会を開催致しました。

2013年7月10日AOsuki第5回勉強会、黒石市鳴海広道市長との勉強会を開催致しました。

AOsuki、黒石市観光大使、東京黒石会 合同勉強会において、青森県黒石市長鳴海広道市長にご挨拶頂きました。

第5回AOsuki勉強会

平成25年7月10日

会場 ハロー貸会議室永田町 http://www.hello-mr.net/detail/?obj=38
(千代田区平河町2-16-9 平河町KDビル3階)

講師 黒石市 鳴海市長 様

1 :14:30 受付開始
2 :15:00 開会の言葉  AOsuki 会長 天間 晃彦
3 :15:00 参加団体の紹介  AOsuki 副会長 須藤公貴
※黒石会、観光大使、青森県東京事務所
4 :15:10 黒石市長挨拶
5 :15:15(10分) 黒石市概要説明 企画課長
6 :15:25(10分) 黒石市農業の現状と施策 農林課長
7 :15:35(10分) 黒石市の観光物産について 商工観光課長
8 :15:45(70分) 意見交換
9 :16:55 黒石市長挨拶
10:17:00 勉強会閉会 AOsuki 会長 天間 晃彦
11:17:15 懇親会開会 乾杯 東京黒石会会長
11:19:15 懇親会閉会、後片付け 中締め 観光大使(AOsuki副会長)

 

黒石市の概要について

企画財政部からお話がありました。
-市の概要について
・くじす→くにす→くろいしと名前を変えた
・城下町として栄えた
・青森県内4番目の市
・青森県のほぼ中央
・総面積の8割が山岳地帯
・人口 36,017人 人口は急速に減速、少子高齢化
・市内総生産は低下傾向 平成22年は約821億円
・市民所得の平均は202万円
・財政は19年度まで赤字決算、20年度から黒字決算
・歳入の約7割を依存財源に頼っている 歳入総額169億5334万円

現在は重点プロジェクトの推進を掲げて展開しています。
(各施策を横断的にとらえた4つのプロジェクト)
「農業活性化プロジェクト」
「定住対策プロジェクト」
「街並み景観の保全プロジェクト」
「人づくりプロジェクト」

 

黒石市農業の現状

 

・りんご 51.9億 65%
・米 15.8億 17%
・生産額の8割をりんごと米で占める
・平成6年をピークに減少傾向
・300ヘクタール放棄農地 農業人口が減っている
・担い手不足、農業離れ
・人・農地プラン 青年就業者増えてる
・平成30年度に農業生産額100億円を目指す

 

黒石市の観光物産について

・首都圏から3時間05分
・米とりんごといで湯の里として栄えた
・黒石やきそば
・黒石ねぷた
・津軽系こけし発祥の町
・観光客は毎年減少傾向
・B級グルメのプロモーション展開
・Facebookの公式ページもある

青森県黒石市AOsuki勉強会

青森県黒石市AOsuki勉強会

青森県黒石市AOsuki勉強会

青森県黒石市AOsuki勉強会

青森県黒石市AOsuki勉強会

青森県黒石市AOsuki勉強会

青森県黒石市AOsuki勉強会

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でaosuki_netをフォローしよう!

SNS / Share

Translate »